初心者でもできるSEO対策!タイトルタグとディスクリプションの設定

タイトルタグの設定

タイトルタグはHTMLのヘッダーの部分に<titlel>~<title>という形で記載します。

<titlel>~<title>部分に入る文字がそのページのタイトルとして表示されます。
タイトルは検索結果が出た際にも、一番目につくものになります。
そのため、クリックをしてもらえるタイトルを考えなければなりません。
ターゲットとするユーザーが興味を持つようなタイトルを考えましょう。
さらにホームページのキーワードとして、最初に決めたキーワードをタイトルの中に必ず含めるようにしましょう。
そして、タイトルはページの内容が推測できる書き方をして、文字数は35文字以内にしましょう。
あまり長くなると、タイトルが途中で切れてしまいます。

ヘッダータグの設定

ヘッダーの部分にメタタグのキーワードを設定しましょう。

<meta name=”keyword” content=”キーワード1、キーワード2”>
というような形でキーワードを入れていきます。
このメタタグに上位表示させたいキーワードを記入すると、検索エンジンはそのページの情報として読み取ります。メタタグは検索エンジンにページのテーマを的確に伝えるために、本文の補足として設定すると考えましょう。

また、内容と異なるキーワードをたくさん埋め込んでしまうと、サイトの内容が曖昧になり、検索の上位表示を邪魔してしまう結果となります。

ディスクリプションの設定

ディスクリプションは、サイトの概要文や説明文として使われます。
ディスクリプションは検索結果の順位などにはあまり影響を与えませんが、検索エンジンに記事内容を伝える役割を持ち、検索結果のクリック率に大きく影響を与えます。

ITを味方に - IT on your side -

私たちはITを苦手と感じる方が
ITを味方にできるようにサポートしています。

メールマガジンを登録する >

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP