SEO対策に必須のツール!Googleサーチコンソールの登録方法

Googleサーチコンソールとは

SEOの面からWebサイトがどのような状態か管理・把握するGoogleが無料で提供しているツールです。
アナリティクスで取得できない流入キーワードや掲載順位、サイト全体やページ単位のインデックス状況を把握することができます。
また、サイト上で何か問題があった場合はメールで通知され確認することができます。

利用する前提として、Googleアカウントの所持とサイトを修正できる権限が必要です。

Googleサーチコンソールの登録

まず、サーチコンソールにアクセスし、「今すぐ開始」からログインします。

https://search.google.com/search-console?hl=ja

Googleアカウントにログインしていない場合は、ログインを求められますのでログインしましょう。

「プロパティの追加」から設定作業を進めます

プロパティタイプの指定を求められます。URLプレフィックスを選択するのがおすすめです。
URLプレフィックスの入力欄に、httpsまたはhttpから始まるURLを入力します。

プロパティタイプは下記の2つです。

・ドメインプロパティ
自動的にドメイン全体が計測対象になります。
※認証するためにドメインDNS設定の編集が必要となります。

・URLプレフィックス
指定したサブドメインまたはディレクトリ配下など、ドメインの一部のみを計測対象として指定できます。

「続行」をクリックすると、所有権の確認画面に移ります。
認証方法は複数ありますので、任意の方法を選んで指示されたタグやファイルをページまたはサーバー上に設定します。

Googleアナリティクスを使用していれば、それによる認証が最も簡単です。
それ以外にも、HTMLタグ、HTMLファイルのアップロード、DNSレコードの編集による認証方法もあります。

確認ボタンを押して登録された旨のメッセージが表示されたら登録完了です。

登録したばかりだとデータがたまっていない場合がありますので、
その場合は日を置いてからアクセスしましょう。

ITを味方に - IT on your side -

私たちはITを苦手と感じる方が
ITを味方にできるようにサポートしています。

メールマガジンを登録する >

最近の記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
PAGE TOP